マインクラフト・・・

マインクラフト

マインクラフトを知ったのはもうすぐ中学生になる息子がどうしてもやりたいから、買ってほしいと言って来た時でした。タイトル名くらいは知ってましたが、詳しい内容やどんなソーシャル機能がついているのかも知りませんでした。息子は学校の友達がやっていて、会話の中に出てくるゲームがどんなものか知りたくて、妻のスマホで動画を探して毎日のように見ていたようです。
まずは、父親としてどんなゲームなのかを知った上でないと、簡単に買い与えるわけにはいきませんよね。なので、息子が見てた動画を見たり、wikiを見たりとしたのですが・・・。え!?これがやりたいの???っと思ってしまいました。ビットが荒く、昭和か!って突っ込みたくなるような解像度。四角だらけで丸が無い・・・・。こんな古臭いゲームなんて買ってもすぐ飽きるでしょ〜っと・・・。
しかも、息子はゲームが特別好きと言う訳でも無く、サッカーをしている方が全然好きなはず。問題は無さそうなので、自分のお小遣いで買うんならという条件で購入を許可。いいチャンスなので、クレジットカードを使って購入を自分させました。(もちろん後ろで見てますよw)そして、クレジットカード決済が終わったところで、だいたいこれくらいの値段だろうと思われる金額をお小遣いから払わせました。カードで買い物をしたらお金を払うんだっと言うことを実感させるためです。そして、ユーロでの支払いだったので、為替って何?という勉強もしました。辞めちゃうだろうと思われるゲームだと思ったので、その分くらいは勉強させないと!って感じですね。
で・・・インストールも出来、ゲーム開始です。ぬぬ?マニュアルも見ないで、何やらやり始めるじゃないですか・・・。友達の家で覚えたのか・・それとも動画で見たのか、攻略サイトで覚えたのか・・・?サクサクと家を作って行くじゃないですか。やっぱ子供ってすごいなぁ〜。っと思いながら、リビングのはじっこにあるPCに張り付きになってる息子の姿を眺めていました。もちろんあまりにも長い間ゲームばかりしているときは、ぼちぼちやめとけば?っと声をかけて、すんなりと辞めるんですが、初日・二日目・三日目・・・飽きる気配はありません。それどころか、ちらちらと画面を見てると、どんどんいろんなものが出来あがって行くじゃないですか・・・。マジか!?
ちょっと自分も興味が出てきて・・・どんなものを作ってるん?と息子に尋ねると、ここぞとばかりに、自分の作った色々な物を見せてくれるんです。裏技的な技術を使って・・・こんなことも出来るんだよ♪とか・・・家がしょぼいよね。とか。。。。自分なりにまだまだ満足出来ないようです。しかし・・・見た目はやはり…昭和・・・・。いつ出来たゲームなんだ?っと思って調べてみると・・・2011年だったと思います。わずか数年しか経っていません。これは・・・狙いなんだ・・・と気がついたのはその時でした。我々の世代はインベーダーゲームのような単純なものから始まり、マリオで感動をして、ドラクエでストーリー性を感じ、ファイナルファンタジーで画像の美しさを知って来ました。前に進むことがゲームである。そう思っていたんですよね。それを根本から覆させられました。子供が向き合って楽しめるゲームとは、画像でもストーリー性でも無く、自分で何かを作り出すことなのかもしれないと。ゲーム好きでは無いのですが、以前にコールオブデューティを兄がやっていて、自分のマークを作れる機能に興味を持った彼は、毎日のようにその画像を作っていました。もちろんR指定がついているので、ゲーム自体はやっちゃダメっとなっていたのですが、マークを作るくらいはいいでしょ。っと思い、やらせていました。かなり年上の兄でも作れないようなデザインを作っては兄にお礼を言われ、次々と色々なデザインをしていたんですよね。本気でフォトショップでも買ってやろうかと思っていましたが、そのうちやらなくなったので、まぁ〜そのうち・・・。っと思っていたのですが、それと似たようなことですよね。絵を描くのは苦手なんですが、デザインになると素晴らしいもを作ってしまうんです。あれからもう数カ月が経ち、彼のマインクラフトは凄いことになっています。もちろん大好きなサッカーは続けてます。サッカーでスイッチが入って、本気モードでかっこいいプレーをしまくる彼と、パソコンに向かって、真剣な顔でマインクラフトをやっている彼は両方ともかっこいいんですよね〜。ゲームから教わることもたくさんあるんだな、と思わせるゲームです。もちろん子供だけじゃ無く、大人も楽しめるゲームだと今では思っています。自分のPCにマインクラフトを入れるかどうか悩んでいる今日この頃ですw